中学校の定期テスト対策

中学生, 定期テスト

 

中間テスト終わったかと思うと、もう期末テストです。

あっという間、テストばっかり。という感じですね。

 

いつもいつも定期テスト対策をしないといけません。

 

しかし、定期テスト対策ってなんでしょう。

 

どこかの塾では

「過去問を配ることが定期テスト対策」

と言っていたりします。大手の塾です。

 

定期テスト対策って言っているだけで、特に何もしない塾もあります。

 

定期テスト対策って何でしょう。

 

過去問してたまたま似た問題がでたらテストの点数が上がった。

 

こんなことではないですよね。

 

それでは何でしょう。

 

勉強の仕方を勉強することなんです。

 

学校では、毎日、毎日、新しいことを勉強しています。

新しことを吸収していっています。

 

ところが、人は必ず忘れるものです。

 

1週間たつとほとんどのことを忘れてしまいます。

 

1か月もたつと何にも覚えていません。

 

それが普通です。

 

そこで、何度も復習する必要があります。

 

その復習をする機会が定期テスト対策です。

 

復習する行為そのものが勉強に必要なことで、それをするために定期テストがあります。

 

そして、脳はアウトプットを重視します。だから、テストを受けることでまた記憶に定着していきます。

 

定期テスト前に復習して、テストを受ける。この流れ自体が大事なのです。

 

小手先の過去問対策で点数を取ることにほとんど意味はありません。

 

ですから、保護者の皆さんもテスト結果ではなく、復習しているか、テストをまじめに受けているか。

ここを見てください。

 

テストまじめに受けてるかはどうかは答案用紙を見ればわかります。

 

何か書いて思い出そうとしていることこそが成長のあかしです。

 

点数だけを見てはいけません。そこに至る過程をみて評価してあげてください。

アーカイブ