小学校低学年からの英語

塾を探している皆様へ

実はいいとも悪いともいいません。

どういう場合でも功罪がありますので、それをわかった上で、どうするか考えましょう。

 

いい点:

各英語塾、英会話学校が言っていることがそのままですね。言葉ですから、早く学べば素直に見につきます。バイリンガルも夢ではない。

その通りです。否定しません。

 

悪い点:

単純に考えてください。1日は24時間、時間は皆同じ。その中で何をするかです。何かをすれば何かをやめることになります。

何に重点を置くかということですね。

将来は絶対に英語圏に住む。片側の親の母国語が英語。英語を知らなければ将来の仕事がない。

こういう人は絶対に英語が最優先です。ところん頑張りましょう。やるしかないです。

 

しかし、今の日本のほとんどの人には当てはまりません。

かといって、英語の勉強を否定するわけではないです。

この塾でも低学年に英語教えてます。

 

ただ、英語だけを勉強するのはやめましょう。とご案内しています。必ず国語もとってもらって、国語と英語でお願いしています。

 

理由は、国語力がないと英語も伸びないから。

英語を日本語並みに大量に勉強するなら問題ないかもしれませんが、やはり日本にいたら日本語の方ができるようになります。

そうすると母国語である日本語の方がレベルが高くなるはずです。英語は日本語以上に使えるようにはなりません。

 

例えば、

中学ぐらいでも国語力の壁で英語が伸びなくなる場合が多くあります。

まず受動態。日本語で受動態が作れない子が多いです。そうなると英語で受動態を習っても意味がわかっていません。

それこそ、単に規則にのっとり文章を作っているだけ。

調べたわけではありませんが、結構な人数がいます。

 

さらに多くの人ができなくなるのは関係代名詞。文が2つ組み合わさるので、主文が何かわからなくなっています。英語だけかと思うわれるでしょうが、日本語文でも主文がどれかわかっていません。

こうなると少し高度な文章は読むことができません。日本語でも英語のどちらでも読むことができません。

 

単純な会話なら大丈夫です。会話で関係代名詞あまり使いませんからね。英会話はできるようになります。英検も取れるでしょう。安心してください。

しかし、高校入試、大学入試となると困難になってしまいます。

 

それでは困ります。この塾は高校受験、大学受験を目指す塾です。英語でミュージカルとか、英語で歌うのとか、観光ガイド育成が目的の塾ではないので、

入試に出る英文が読めるようになってもらわないといけないのです。

そのために、入試に出るレベルの国語が読めるようになってもらわないと困るんです。

だから、英語だけではなく、国語も受講して両方のレベルを上げるということですので、ご理解をお願いします。

 

タイトルとURLをコピーしました