高校受験、中学受験、大学受験に強い、楽しく勉強できる江坂、豊津の塾、個別指導塾

江坂、豊津で塾を評判のよい探すなら、個別指導塾 小学補習、中受験、中・高定期テスト対策、高校・大学受験に強い塾です。とことん成績を上げる先生1人に生徒2人の個別指導塾、豊津中・豊津西中・吹田第一中・吹田第六中・関大一中、江坂、豊津の塾、学習塾、進学塾、個別指導塾です

塾を探している皆様へ

小学校低学年が考えなくなる原因

投稿日:2021年2月26日

生まれた時はみんな同じですが、成長するにつれ変わっていきます。

当たり前ですけどね。

 

小学校低学年でよくある失敗をご紹介します。

子供は最初はみんな考えようとするんです。どうしてだろう。なぜだろう。って。

それがいつの間にか考えなくなります。

どうしてか、

実は、考えないように訓練されてしまうんですよね。

 

ひとつは、単純な計算ドリル。(うちでも使いますが、使い方が問題です)

たくさん、計算させて練習させようとしますよね。

漢字ドリルもそうです。たくさん書かせて覚えさせようとします。

 

それが過剰になると考えなくなります。

毎日毎日たくさんのドリルをやれと言われたらどうします。大人でもできるだけ手間をかけずに早く終わらせる方法を考えますよね。

そうなんです、ちゃんと考えているから、どうやったら早く終わるか考えるんです。

 

こんなことやりたくない。でも、終わらないと遊びに行けない。

 

そうだ、もっと早く終わらせられるようにしよう。いいことを思いついた。

 

その結論が

何も考えずにひたすら写す、何も考えずに言われた方法で計算する。

 

ということです。

理由を考えたり、意味を考えていては、時間がかかりますよね。その間に手を動かして作業終わらせた方が早く遊びにいけます。

とにかく、書いて終わらせたら遊びに行けます。

 

学校の宿題程度の量では、まだまだ考えるゆとりもありますが、

それに加えて、とんでもないところに入れられた場合はどうなるか、ひたすらパターン演習させるところがあります。

○○式というところ。

 

 

この塾は定評があり実績もあります。優秀な人材も絶賛しているところです。低学年のお子様のいる家庭では必ず考えるところです。

ところが、そのような優秀な人材がどんどん出ているかと言えばそうではありません。ごく一部ですよね。

 

いつも、ここでご紹介していますが、教材に罪はありません。塾も正しく運営されています。使う方が間違っているんです。

 

本来、規則性のあるパターン演習しているとその法則性に気づくはずです。前回の演習と今回はどう違うのか、今回はなぜ、前回と違う方法で解くのか、自分で考えて、それを自分で見つけ出してどんどん先に進む。

教師は不要。まるつけするだけですから、どこででもできます。素晴らしい教材です。

どんな田舎でも、途上国でも優秀な人材を育成するいい教材です。

 

うちの子も優秀にしよう。そう思います。

しかし

そこに惑わされていてはいけませんね。

実はほとんどの子は、考えていません。今回はこの計算のやり方で解く。とその場だけの暗記、解法パターンで100点取って終わり。

次はこのパターンか、最初20点。でも解き方わかれば、2,3回やり直せば100点取れます。

前回の問題との違いなど気にもしていません。だから、いくら進んでも毎回毎回、

「今日はこのやり方で解く。」

こういう「やり方」だけを覚えてしまいます。

「だって、その方が早く終わらせて遊びに行けるから」

ちゃんと考えて合理的に行動しています。

 

中学に入ってもその癖が抜けず、この問題はどう解くのか?という解き方だけを知りたいと思うようになります。

A君「先生、この問題はどう解くのですか?わかりません。」

先生「それじゃ、ひとつ前の問題との違い、例題とどこがどう変わっているか考えてみて」

A君「そんなことじゃなく、この問題の解き方を教えてください」

という会話をすることになります。解き方だけを覚えようとする子供になってしまいます。たくさんいます。

 

毎週毎週パターン演習で訓練するから、何も考えないことが習慣になってしまったのですね。だって、その方が早いから。

こうなると大失敗。高校受験の数学が限界です。しかし、その高校受験も思考力重視に問題が変化しています。おそらく、数年後には高校受験にも対処できないでしょう。

 

先生、教師がいなくても英才教育できる方式ですが、一般人には悪い影響しかありません。

計算力がつきますが、それも単純な計算だけ。工夫する計算はできません。

 

最初は試しに利用してもいいでしょうが、半年程度で合っているかどうか見極めましょう。

見極め方は簡単です。

新しいプリントが1回目で100点取れているかどうかです。

最初に50点で、2,3回提出してやっと100点。という場合は、もうやめましょう。その後は「パターン暗記のコツ」だけを覚えて、早く進めるようになれるだけ、何も考えていません。

考えることができていたら、1回目で100点近くは取れます。それができるように作っているのが素晴らしい教材なんですよね。(ほめているのか、けなしているのか)

 

ほとんどの子が考えてないです。

そういう場合はすぐに「考える算数」に切り替えましょう。

 

この塾に来てください。

 

 

-塾を探している皆様へ
-, , , ,

〒564-0063

吹田市江坂町1丁目9-7ベーンビル2階

TEL:06-6310-6410

アーカイブ

サイト内検索