四天王寺中高

 

ご存じの通り四天王寺の中にある女子の進学校です。

東大、京大、医学部など、およそ生徒の半分は国公立大に進学しています。

合格実績は、雑誌などにたくさん出ているので省略しますね。とにかくすごい実績の学校です。

 

先生の話をひとつご紹介します。

「一般的に女子は高校で文転(理系から文系に変更すること)しまうことが多い。ところが四天王寺ではほとんど文転しない。」

というものです。

 

その秘訣は授業の進度の取り方にあるそうです。

詳しくは省きますが、高校に入るといくら勉強ができる生徒であっても、1回聞いただけはわからないところが必ず出てきます。

 

男子校や共学では、少々わからないところが出ても、わからないところはわからないとして、どんどん先に進めます。

この塾でもそうしています。1回目で全部わかる必要がないので、どんどん進めます。

男子はわからなくても気にせずに進むのだそうです。2回目、3回目でわかればそれでいい。こんな考えです。私もそう言ってます。

 

ところが、これが多くの女子生徒にとって苦痛で、

「わからない。自分は理系に向いていない」

と考えて文転してしまうそうです。

 

そこで、四天王寺では、わからないところがあれば、一旦進度を止めて、わかるまで時間をかけて教える。

そうすると、進度は男子校に比べて遅いのだが、確実に理解しながら進むので、最終的に成績は上がる。

ということを実践しているとのお話でした。

 

途中、男子校の生徒に比べ、遅れているので気になってしまうようで、保護者からも心配の声が出るそうです。

しかし、気にする必要はないということ。

 

半数が国公立、医学部へも多くの合格者を出していますので、実証していると言えるでしょう。

 

とても、参考になりました。

 

多くの女子にとっていいということですので、実際には

男女にかかわらず、ゆっくりした方がいい生徒や、先取りをした方がいい生徒がいます。

 

この塾では男子の場合もゆっくり進める生徒

女子でも先取りしていく生徒

など、ひとりひとりに合わせて授業をしています。

 

トップ校の生徒でなくても大丈夫ですよ。生徒の個性に合わせて授業するとちゃんと成績はあがっていきます。

毎回の定期テストを丁寧にする場合

定期テストが多少悪くても気にせずに、受験をターゲットにどんどん進めた方がいい場合

生徒別に進度が違っています。

 

注)中学生の場合は内申点が大事なので、定期テスト重視です。上記は高校生の場合です。