奨学金は有利子でも安いですよ

 

金銭的な問題で大学進学を選択できないご家庭があります。

 

しかし、大学に入る能力があるのならぜひお子様には進学を薦めて下さい。

各大学には独自の給付型の奨学金もたくさんあります。

各自治体でも奨学金があります。

 

たくさんあるので調べるのは大変ですが、せっかくある制度です。しっかり調べて利用するようにしましょう。

金銭的な問題の多くは解決できるかと思います。

 

大学が入学者から回収したアンケートでも、「奨学金給付の対象になる」ことを知らなかった。

という答えが一定率あるそうです。これはもったいない話。

 

給付型が受けられたら一番いいのですが、もし、ダメでも有利子型の貸与なら多くの人が受け取ることができます。

学生支援機構の第2種奨学金です。

 

そんなの高校でも大学でも聞いているので知っているよ。と声が聞こえてきそうですが、

この奨学金で意外と知られていないのがその利率です。

 

パンフレットには「3%を超えない」と書かれています。そのため、なんとなく利率が3%ぐらいか。

と思ってしまうようで、申請をしない学生がかなりいるようです。

もう一歩進んで利率を調べて見て下さい。

なんと、基本月額だと0.14%です。

増額分にしても0.34%。

基本月額で12万円まで借りられます。4年間で576万円も借りることができます。

0.14%ですから、卒業後の返済初年度で、年8,000円程度の利息です。

 

576万円で8,000円の利息ですから、無利子とほとんど変わりません。

金銭的な問題で大学に進学できないのは、とてももったいない話。

 

積極的に利用しましょうね。

 

大学により時期は多少違いますが、GW前後で募集が始まってます。

 

大学に入る前に、奨学金が受けられるかどうかが分かる「予約制度」もあります。

 

有利子奨学金の方も検討に加えて、金銭的な理由で大学進学をあきらめないようにしましょう。

 

 

雑談いろいろ