小6の皆さん、中学受験をやめませんか

中学受験, 夏期講習, 小学生, 高校受験

昨日は受験しようとご案内して、今日はやめましょう。というご案内。

節操がないですね。

 

中学受験の勉強を小4、小5から始めて、いよいよ受験の山場になった今、

冷静にお子さんを見てみましょう。

 

①笑顔がない

笑顔もなくなり、家では毎日ケンカばかりでイライラ、

成績はよくても、悪くてもどちらでもいいですが、お子さんがこんな状態ならもう一度考えなおしましょう。

 

②本当に行きたいの?

お子さんに、もう一度確認してみましょう。ちゃんとやめたいと言えるような状態を作ってですよ。

親の期待を気にして、本当は嫌なのに言い出せない場合があります。

「最初は自分で受験したいと言ったに、今やめると言ったら怒られる」

と思っているお子さんはかなりの数がいます。

 

実際に受験をやめるあたって気にすることはどんなことでしょう

受験すると言ってたのに今やめたら、近所、友達に対してかっこ悪い

ここまでお金かけて塾に通わせたに無駄になる

遊びも我慢させて、勉強してきた。今やめたらまた高校入試で勉強させないといけない

こんなことでしょうか。他にあるかもしれませんね。

 

ただ、どの問題もお子さんのためでしょうか。

視点がずれてきていますよね。

中学受験は、親子どちらも視界が狭くなって回りが見えなくなってきます。

 

落ち着いて考えましょう。いつでもご相談に来て下さい。

 

ただ言えることは、

ここまでの勉強は決して無駄になっていません。

中学受験の勉強をしてきたわけですから、夏休みを前にして、小学校の勉強は終わっていますよね。

このまま、いやいや中受験を続けるのではなく、

 

すぐに中学の勉強を始めませんか

今から初めて、入学までに、中1を終わらせましょう。

そうすると、中学では常にトップクラス。高校入試に対しても相当な先手が取れます。圧倒的な先手必勝作戦です。

今までの勉強は無駄にならず、さらにプラスの効果が期待できます。

 

もう勉強が嫌になってきているはずですが、中学の勉強を始めると

目が輝きだします。

優越感を持つことができます。

劣等感から一気に優越感ですよ。

笑顔も増えます。

ご家庭も楽しくなります。

アーカイブ