個別指導の個別ってどれぐらい個別なの?

 

個別授業の個別って、ひとりひとり、どれぐらい違うのでしょう。

個別授業の定義はたくさんあります。

・少人数に対し、同時に別々の演習をさせる。そこに先生が巡回している

このタイプが一番授業料が安い個別でしょう。

 

・授業は一斉にするが、その後授業中に質問を個別にできる

先生が授業するので、本来は「集合塾」ですが、「個別」と言っているところもあります。

 

・先生が横にいるだけ、特に方針はなし

 

・先生1名に、生徒1名、生徒2名、生徒3名、生徒6名、生徒10名、生徒20名、生徒30名

でも個別指導

など様々です。

 

生徒別に「個別の方針」がなくても、昔ながらの集合塾でなければ「個別」と名乗っています。

同業の私でも何をもって個別と言っているのか理解不能なところもあります。

 

こういう事情ですので、とても分かりにくいです。

そこで、

京進スクールワンの個別って、どれぐらい個別指導なのかをご紹介いたしたいと思います。

 

 

まず、1対2です。先生1名に生徒2名です。

絶対に3名になりません。

 

次に

指導方針ですが、

①テキストが違います

②進度が違います

③指導方法が違います

 

ひとつひとつ具体的にご紹介すると

①テキストが生徒別に違います。

小・中学生は、約3種類

高校生は、もっと多様です。

現在のレベルに合わせたテキストで目標レベルに向かって適切なテキストを選んでいます。

 

さらに

同じテキストでも使う問題が違います。

 

さらに科目ごとに使うテキストレベルを変えています。

例えば

A君

英語は一番難しい教材、数学はやさしい教材

数学のやさしい教材の中の「難しいレベル」だけ使う

 

B君

数学は難しい教材を使うが、苦手なところだけ、やさしい教材に変える

B君の場合2冊のテキストを使います。

しかし、2冊のテキストの全てを解くわけではありません。

ちょっと、もったいないですが、成績をあげるのが優先ですので、適切な問題を使用することを優先しています。

 

このようにテキストだけでも、たくさんの「場合分け」ができます。

何パターンになるか、計算が面倒なので「たくさん」ということでご了承ください。

 

②進度が違います

中学生を例にとった場合

予習授業をすることは全員同じです。

しかし、80分全てを予習にはあてていません。

 

例えば

C君

小学校の分数がまだ苦手、分数の計算練習を毎回します。

そして、それを使った方程式を解く練習をします。

そのため、1年ぐらいは計算演習を授業で行います。

 

D君

英語が得意なので、教科書の予習以外に長文演習を加えます。

まだ、習っていない難しい英単語もありますが、レベルの高い長文も毎回1文読んでいきます。

 

E君

学校の授業についていけるようになったけど、まだ少し不安です。

予習授業の後に、毎回、前回の塾の復習問題を少しします。

宿題での反復に、授業での反復を加えます。すると、反復効果がさらに高くなります。

 

というようにほぼ全員違います。

共通しているのは常に学校の予習はするというところだけです。

このようにきめ細かく、生徒別に授業の進度が違っています。

 

 

③指導方法が違います

褒めて指導する。

これが京進の基本方針です。

小学生でとてもやる気がない生徒には

とにかく、やさしい問題を解いてもらって、褒めて褒めて褒めます。

そうすると塾には遊びに来るような感覚になってきます。

楽しくいつもできる。

しかし、いつの間にか、だんだんとできるようになっていきます。

 

中学生も高校生も基本は同じですが、小学生を含め、少し厳しめの指導をする場合もあります。

保護者の皆様と相談しならがとなりますが、

・宿題管理を厳しく指導する

・逆にかなり緩くする

・自主性を重んじる

などです。

生徒にとっては、自主性が一番きついようです。

自分で自分を律するって難しいですから、

厳しくしてもらった方が楽なようです。

 

同じように宿題をしてこない生徒に

「叱られる生徒」「少しでもしたら褒められる生徒」

など違いが出ます。

 

全体を見ていると

「Hさんは宿題しなくても叱られないのに、どうして私は叱られるの」

となります。

しかし、何を叱られたかは他の生徒にはわかりませんので

このようなことも起こりません。

 

 

教え方も

・ていねいにひとつづつ順を追って説明する場合

・質問を受け付けず、「読んで理解して解け」とだけ指示する場合

・例題を参考にしならが解いてもらう場合

・一切何も見せずにテスト演習を繰り返す場合

・何にも教えない場合

とさまざまです。

 

 

これらの組み合わせると、とても複雑です。

さらに、学年、時期によって変更しながら指導しています。

 

 

ですから、先生はこの生徒にはどういう指導をするか、

予めしっかり理解していないといけません。

 

そのため、当塾では専任制をしいています。

生徒のことをよく知った先生と教室長でじっくりと指導してまいります。

 

生徒が質問するだけの個別指導塾

楽しいだけの個別指導塾

講義ばかりの個別指導塾

友達と遊ぶ騒がしい塾(これは論外と思いますが、現実には、たくさんあるようです)

とは違いますので、ご安心ください。