中3 春の模試

散々な結果でした。

 

ほとんどの中3生が成績の悪さにショックを受けてます。

中3になると模試のレベルが一気にあがってきます。

 

今までの学習内容全てが範囲です。ひとつひとつはわかっているのに

混ぜて出題されると解けません。

2年生までは、今日は過去形のテスト、今日は1次関数。というように

テストにはテーマがありました。そこを気をつけていれば正解できましたよね。

 

中3からの模試は、そのテーマがわかりません。そうなると

今まで習った全部といつも気をつけていないといけませんよね。

1つの問題に対して、注意することが2か所、3か所になります。

 

すると1つ忘れてしまいます。

もちろん「×」ですよね。3つのうち2つは正解できていても「×」です。

 

 

答案が返却されたときに、必ずもう一度解きましょう。

そうすると知っている問題、解ける問題だったことがわかります。

「何だ知ってたのに、できたのに間違えた。」

と誰もが思います。

 

模試で一番大事なことは

偏差値ではありません。

志望校判定でもありません。

 

模試では、

「できる問題を間違える。」と言うことに気づくことです。

できる問題はこれから増やしていきますので安心して下さい。

 

それでも点数に出ませんよ。できる問題なのに間違えるから。

なぜ、間違ったのか

どこで、間違ったのか

 

それを確認して、なくしていくのが模試での演習です。

 

もう少し、勉強してから受けたい。

という生徒もいますが、そうではありません。

定期的に受けて、できる問題を確実に正解する訓練をしていきましょう。

 

模試で練習しておかないと、本番で得点できませんよ。

 

どのスポーツでもいいので想像して下さいね。

「基礎練習してできるようになること」「練習試合をすること」「公式試合で実力を出すこと」は違うことだと

皆さんはすでによく知っているはずです。