関関同立、産近甲龍合格者数~北千里高校

 

各高校から2018年度入試の結果が出てきています。

関関同立,産近甲龍の難化が言われていますが、それぞれの学校はどうでしょう。

今回は、たまたま早く発表されたので、北千里高校を見てみましょう。(卒業生390名)

 

国公立大学は、

2017年 50名(内浪人10名)

2018年 52名(内浪人19名)

浪人率があがっています。現役生は厳しかったようです。全国の傾向と同じですね。

 

では、私立大学はどうでしょう。

 

うーん。厳しい結果ですね。

関西大学に限ると、関大の合格者総数が減ったにも関わらず

100名以上の合格者が出ています。北千里は、ふんばった。と言えますね。

地元なので、どうしても行きたい。

と頑張った影響でしょうか。

 

とことが近畿大学となるとこんな数字になっています。

北千里高校が下がったのではなく、近大が上がったと考えるのが自然でしょうね。

 

延べ人数ですので、ひとりが何校受験したか、などの細かな情報はわかりません。

そのため、分析ができませんので、私の単なる感想ですよ。あしからず。

 

とにかく、合格者が全体として減っているのはわかりますよね。

先輩と同じ勉強では難しくなっていることを理解し、これから何をしたらいいか考えましょう。

 

(データ出典:北千里高校HP

池田高校 関関同立など進路2018

関西大学難化

関関同立産近甲龍 まとめ