現代文ができるようになれば受験料は1/3ですみます。

私立大学入試は、何度も受験できるようになっています。

1回3万5千円ぐらい。1大学で3日間受験して、スタンダード方式やら高得点型など5,6回パターンで受験するのが当たり前になっています。

5,6回受験して1回合格を狙う。そんな受験が増えていますね。

割引もありますが1大学おおよそ20万円弱。・・・・これが受験料です。

高いですね。

 

私立大学は営利目的ですから、受験生がたくさん受けてくれると、とても儲かりますよね。

だから、10回受けたら割引のようなものが存在するんです。

 

さらにすべり止め、チャレンジ大学など受験すると30~40万円が受験料に消えてなくなります。

受験料ですから消えてなくなってしまうものです。

 

どうして何回も受験しないといけないのでしょうか?

 

もちろん得点できる点数に波があるからです。

過去問やってみて年度ごとの得点が違ってきます。合格点を超える年もあるし、ダメな年もある。

そうなると怖いので数多く受験することになります。

 

数多く受ければ当然合格はしやすくなります。

 

 

しかし、どうして安定した点数がとれないのでしょう。

一番の原因が現代文です。

現代文の実力が安定していないと、振れ幅が大きくなってしまいます。

 

勘で解いているから当たったり外れたりするんですね。

たまたま得意な文章が出たら当たる。知らない文章なら取れない。

こういうことが起きてしまっています。

 

しっかり現代文を得点源にしておきましょう。

そうしておくと各大学 2回ぐらいの受験で十分合格できるようになりますよ。

 

10万円単位で受験料が安くなります。さらに現代文の力は永遠に皆さんの力として残ります。

https://kyoshins1esaka.com/gendaibun-atwill-kyoshineyobi/