映像授業も間違っています

まず、大前提で当塾が提供している映像授業の話ではありません。

研究のため、他塾の映像授業を時々見ていますが

結構、間違っています。

 

単純な間違いが多いですが、板書と話しの内容が違っていたり

本当に間違っていたり

 

こういうのを見ると混乱するだろうな。

というところが時々見受けられます。

 

どこの映像授業とは言いませんが、先生がかなり偉いので修正できないのでしょうね。

もしくは、気付かないのか。

 

参考書も誤植が時々あるように映像授業も間違っているところが時々あります。

 

当塾の映像授業はどんなに先生が偉くても間違ったら撮影しなおしです。

何人もの別の先生が内容をチェックしています。

当たり前ですが、私は当塾の映像授業を一番たくさん見ていますが、今のところ間違いは発見していません。

 

さて、そういう時はどうするか、初めて習っている生徒はそれが間違いとは気付かずに

自分の理解が間違っていると勘違いします。

 

こういうのがきっかけで分からなくなっていきます。

 

映像授業や出版される本ですら、間違いがあるのですから

ノーチェックの学校の授業で間違いがないはずはありません。

 

1年間で必ず間違って教えているところがあります。

先生も気付いていません。生徒もわからなくなります。

 

おかしいなと思ったら、すぐに先生に質問すると先生も気付きますが、そんなことできる生徒は稀です。

ついていくだけで必死ですからね。

 

さて、どうするか、塾に通っているといいですよ。

その日のうちに訂正できます。

 

中学生から「先生がこう言ったけど」と言って間違った回答をする生徒がいます。

先生がうっかり間違ったのかもしれません。

生徒が聞き間違えたのかもしれません。

 

どっちにしても、訂正できます。

ひとりで悩んでいたら時間がかかるし、間違ったまま覚えてしまうこともあります。

 

そうならないように何でも気軽に聞いてくださいね。