A判定でも落ちる・・・

 

いつリンクが切れるかわかりませんが、こんな記事がありますのでご紹介します。

2019年1月の河合塾が行ったアンケートでも受験生の安全志向ということが言われていましたが

 

安全志向になって、

 

優秀な生徒が、いつもより下のレベルの大学を受験

 

その結果、合格ラインが上がって難化した。

 

ということが分析されています。

 

安全志向のため、推薦入学の応募も増え、一般入試での合格者数を絞るしかなかった。

 

というコメントもあり。

「A判定でも落ちる・・・・」 (リンク切れ)

さて、我々はどう対処しましょう。

 

①推薦入試が増える

なら、推薦入試を目指しましょう。

簡単なことです。

そのためには、高1から成績を上げる必要があります。

高1~高3の1学期までの成績で決まるということです。高3の夏から頑張ってもどうにもなりません。

 

②高3で、もっと勉強する

過去には大学入試も「夏から頑張って合格を勝ち取った」という体験談がありますが

これはもう過去の話。もう一段成績を上げないと 公募入試、一般入試で合格するのは困難になったということ。

 

どちらを目指すかは、人それぞれでしょう。

 

しかし、高1から頑張っていればどちらも選べます。これしかないですね。