大和大学理工学部 2019年春開校

大和大学理工学部

 

世間では、獣医学部の設置をめぐって、疑惑があるとかないとかやってますが、こちらはどうでしょう。相当な政治力なのでしょうね。着々と規模が拡大しています。教育学部、看護学部、政治経済学部に続き、理工学部が開校します。

さて、この学部、お勧めでしょうか?
いきなりで申し訳ないですが、デメリットから。

新設大のデメリットは先輩がいないことです。社会に出てからまだネットワークがないことです。

以前もコメントしていますが、大学って授業だけが大事ではなく、先輩の研究を手伝ったり、設計を手伝ったり
教授の手が回らないところを院生から学ぶというのがとても大事なことです。

それが最大のデメリットです。

いいところはまだわかりません。どんな教授陣か、どれぐらいの予算があるのか。
わからないですが、飛び込んでみるのもいいでしょうね。ベンチャー精神あふれた校風で、時代にあっているかもしれません。
合っているかもしれないではなく、こういうところに行くなら自分で切り開く精神が大事ですよね。そういうバイタリティ溢れた学生があつまるかもしません。そうなると面白いですよ。学生事業家が続々と出てくるかも。

 

 

まだ、わからないことだらけです。大学入試のレベルがどれぐらいになるのかさえわかりません。

ただ、建築学部ができたのはいいですね。
建築学部が設置されている大学は少ないので、これはとにかくお勧めできるかも。
建築も先輩の制作を手伝って学ぶのですが、建築の場合、いきなり企業で研修できるので先輩がいないことは問題ないかもしれません。

 

アーカイブ

学校紹介