急に変わったら

東京オリンピックのマラソンの話ではありません。いきなり札幌。つらいでしょうね。選手も準備してきた人も。

 

ところで、

入試の出題範囲は急に変わることはありません。

変わる時は必ず予告がありますので、安心して過去問演習に取り組みましょう。

 

ところが、定期テストでは、急に範囲が増えるということはよくあります。

①授業が遅れていたけど、テストをすでに作ったので、つじつまを合わせるために、最後の1時間で一気に教えたことにする。

よくあります。

先生は、範囲を終わらせるためだけに、早口で生徒がわかろうが、わかるまいが気にせずに授業を進めます。

そしてほぼ全員理解できない授業を受けて終了。次の日がテストです。

 

こちらではある程度範囲を想定して進めています。時に授業よりかなり早く進むように見えるのもこのためです。

 

②先生の気分で実力テストの要素が増える

数学ではよくありますね。半分以上実力テストということもよくあります。

図形をしていても最後に計算で間違える場合がかなり多くあります。そのため計算力は常にチェックしたい内容です。

塾の授業でも2学期は図形中心になりますが、計算力がない生徒には計算演習をしてもらっています。

この塾に通っていたら、急に実力テストになっても大丈夫ですよ。