摂南大、神戸学院大、追手門学院大、桃山学院大へ行こう

関西で私立大を受験する場合

真っ先に思い浮かぶのが、関関同立

次に 産近甲龍+佛教

とくくられるグループ。

しかし、価値のある大学はこれだけではありません。

摂神追桃というくくられる次のグループ。

摂南大学、神戸学院大学、追手門学院大学、桃山学院大学

別にこの4大学がグループを作ってるわけではないので、それぞれ無関係なんですけどね。

それ以外に、

関西外国語大学、大阪工業大学、大阪経済大学など

もです。

 

河合塾での偏差値表では、経済学部で見ると40~45前後のところ。

えーそんな低いところ目指さないよ。

などと考えていませんか?

そう言っている人は合格できません。

目指してないと絶対に合格できません。

もし、一般入試で入ろうと思うと結構難しいです。

 

偏差値は何度か話題にしていますが、受験層や模試での順番を表す数字です。

偏差値40とっていも河合塾の模試を受ける生徒の中での順番ですから、

 

勉強しないで40は取れません。

今まで受験を意識していない高校生が受験すると偏差値30台です。受験してみてください。

高校の勉強をしていないと合格はできませんよ。

誰でも入れる大学ではありません。当然ですが、高校の勉強をした生徒しか入れません。

 

これぐらいの大学を出ていると〇〇大学を卒業しました。と十分評価される大学です。

 

繰り返しますが、

模試を受験していない高校生が受験すると偏差値は30と覚えておきましょう。

40取るには偏差値を10も上げないといけませんね。大変です。

 

 

さて、どうしましょう。

これら大学に一番入りやすいのは、指定校推薦枠で入ることです。

よく聞いてますよね。入学してすぐに高校の先生も教えてくれたはず。

そのためには、高校の定期テストが大切です。

これも聞いてますよね。

しかも、文系、理系関係なく、まんべんなく評定を取らないといけません。

 

新高1の皆さんは、これからですので、素直に聞いてこれから頑張りましょう。

新高2の皆さんはどうですか?1年の評定はよかったですか?

このままで推薦を取れそうですか?

一般入試に回ると難易度が一気に上がってしまいますよ。

 

文系だから数学は欠点でもいい。何て言ってたら、一般入試を目指すことになりますよ。

 

さて、もし、高3で評定が低いなら

覚悟を決めて一般入試、秋の公募推薦を目指しましょう。

今から十分間に合います。

 

毎週、決まった量を半年続けること。これで合格間違いなし。

何をしたらいいか、ていねいに指導します。