産近甲龍を目指すのは難しい その2

産近甲龍が難しい その2

 

考え方だけでは、納得性にかけるので数字で見ていきましょう。

2017年度一般入試の数字です。(出典:河合塾の集計値)

関関同立 受験者数 196,062人  合格者数 49,394人

産近甲龍 受験者数 202,293人  合格者数 31,976人

 

関関同立で 14万人が不合格になっています。

さらに 両方の合格者の合計より 関関同立の受験者数が多いですね

関関同立受験者数 19万人>>>関関同立産近甲龍 合格者数 8万人

 

何度も受験できますので、水増しされていますが、

その事情はどの大学も同じなので、同程度に水増しされていると想定しましょう。

絶対数ではなく、大小関係だけ注目して下さい。

 

産近甲龍の合格者より関関同立落ちた人数が多いです。

関関同立不合格者数 14万人>>>>産近甲龍 合格者数 3万人

 

 

 

これ見ると最初から産近甲龍目指すとはじき出されてそうですよね。

産近甲龍、合格への道。豊津中、吹田第一中、吹田第六中、豊津西中、豊津第一小、山手小、千里第三小、豊津第二小で評判のよい学習塾

大学受験、高校受験、中学受験に強い江坂、豊津エリアの京進です。