プログラミング教室

いよいよ2020年から小学校で必修化されます。

プログラミングの必修化に関して様子を見てきましたが、

まだ、ほとんどの小学校で何をどうすすめるのか決まっていません。どうするのでしょうね。

 

それなのに、今の小学生が大学受験をするときに、プログラミング≒情報という科目が加わります。

 

主要科目が

英語、数学、国語、情報、社会、理科 となります。

 

あらまあどうしましょう。まともに勉強しないまま、入試科目になってしまいます。

 

現在ちまたには、お遊びプログラミンが流行っていますね。それで大学受験に対応できるでしょうか。おそらく無理です。

遊ぶだけのプログラミング教室は意味がないと思っています。しかし、入試科目になります。

受験のための塾である「京進」としては入試科目である「情報」は必須となります。受験に役立つ、レベルの高いものをご提供したいと思っています。

現在検討中です。

 

 

京進で学べば、受験はもちろん、カリキュラム終了後は本物のプログラミングができるレベル、スマホアプリの開発などの講習会を基礎知識をマスターすることができるまでレベルアップします。

プログラミングの思想を学べるようにしたいと思います。

 

しかし、勉強するのは小学生、そんな固い授業は無理です。

 

そこで遊び感覚を取り入れます。

 

ゲームを自分で作る感覚、ゲームをしているような感覚で学習し、それなのに、情報の基礎をすべて学べる。大学入試の情報の基礎となる学力をつける教材です。

 

いつからスタートできるか未定ですが、夏休み中に準備したいと思います。