チャレンジテストに失敗すると内申点が大幅ダウン

 

大阪府では、高校入試の30%~50%を内申点が締めます。

 

その内申点は、中3の成績だけではなく、中1、中2の評価も高校入試の内申に入りますので、注意して下さい。

 

 

そして、

内申点に大きく影響するのがチャレンジテストです。

 

1月に実施されるチャレンジテストは、中1、中2の皆さんにとってはとても重要なテストになります。

ですから、その内容を正しく知っておきましょう。

 

通常内申点は、定期テストと平常点。平常点は授業態度や普段の小テスト、提出物などを先生が評価します。

しかし、この内申点は、先生が自由につけられるわけではありません。

 

チャレンジテストの結果で、内申点の上限、下限が決まるのです。

 

先生は、チャンレンジテスト結果によって「決まった範囲で評定を出さなければいけない」という決まりがあります。

 

平成29年の国語で見てみましょう。

この表が平成29年度のチャレンジテストの点数と評定の基準です。

 

まず、チャレンジテストが60点だった場合を考えてみましょう。

60点ですから、評定5、評定4はありません。評定3、評定2、評定1の範囲に入っています。

 

例えば、A君 : 定期テストはいつも80点以上、授業も積極的に発言して、提出物もいつも期限内に提出しています。

普通に先生の評価だけなら「5」がつくような生徒です。

 

ところが、つい調子が悪くてチャレンジテストが60点。

その結果、評定は「3」までしか付かなくなります。最高評価で「3」です。

先生は、絶対に4,5はつけることができません。

これがルールです。

 

つまり、

1月のチャレンジテストを失敗しただけで、定期テスト5回分の努力が無駄になるということです。

どれだけ平常点で頑張っても、どれだけ先生の評価が高くても「3」です。

 

こういうことがおこっていまいます。現実におきています。

 

こんどは逆に

チャレンジテストで100点取った場合を考えてみましょう。

先生に嫌われようが、提出物をさぼっていようが、「4」以上つきます。

先生は「3」をつけることができません。

 

例えばB君  提出物はさぼっていつも出していない。授業もふざけて騒いでいた。当然先生にも嫌われている。

このままでは、よくて「3」下手をすると「2」がつきます。

 

そんなB君でも、チャレンジテストで95点以上とりさえすれば、「4」がつきます。

最低「4」です。

 

しかし、チャレンジテストが94点なら「3」になります。油断禁物ですよ。

 

どんなに先生に嫌われようが「4」以上取れる。どんなに好かれようが「3」までしか取れない。

 

こういうことが決まるのがチャレンジテストです。

 

絶対に落とせないテストです。

 

冬期講習でしっかり復習しておきましょうね。

 

参考までに平成29年の国語の分布です。「3」までの60点って平均よりちょっと下ぐらいなので、要注意ですよ。油断すると取ってしまいます。

 

補足)中3の場合

中3の場合は、個人の評定はチャレンジテストと無関係です。

学校平均で各評定の割合が決まりますので、このようなことにはなりません。

 

 

 

成績があがる塾。豊津中、吹田第一中、吹田第六中、豊津西中、豊津第一小、山手小、千里第三小、豊津第二小で評判のよい学習塾

大学受験、高校受験、中学受験に強い江坂、豊津エリアの京進です。

 

アーカイブ