今から勉強を始めて間に合いますか?

 

どうしても気になるようです。

特に、小6、中3、高3生は「今から始めて間に合いますか?」という質問をよく受けます。

よく受けるというより必ず質問があります。

 

面談の際に成績がわかるものをもって来てもらっていますので、その成績から

「絶対に間に合わない学校(中学校、高校、大学)は明確にわかります」

その学校ははっきりとお伝えします。

それ以外は間に合わせようとしたら間に合います。

 

小5まで学校で習った基本事項が身についているかいないか

中2の学年末の成績で平均点と比べて上か、下か、かなり下か

高3生の場合は学校で受験している進研模試の結果から

 

などで見ていきます。

 

ただ、「間に合います」と言われると、うれしいはずなのに、皆さんちょっと残念そうな顔になります。

一見うれしいですが、間に合わなかったら自分の責任になるので怖いんですよね。

「間に合わない」と言われたら諦められる。

だから楽になれるのかもしれません。でも、間に合うと言われたら覚悟を決めてやらないといけない。

 

思ったより上の学校まで「間に合います」と言われるのできつくなるんでしょうね。

私は、自分の感覚や感想をお話しているのではなく、過去の事実をご紹介しているだけです。

実際に間に合ってしまっているので仕方がありません。

 

どうやったら間に合うのかは、お伝えしますので、その人の真似をして一緒に勉強をしましょう。

時間がたつとだんだん間に合わなくなりますので。