共通テストを受験するか否か

共通テストを受験するか否か、

よくある質問のひとつです。

共通テストの受験が必須なのは国公立大の志望者

です。これは当然ですよね。

 

それでは、国公立大を受験しない場合は、どうでしょう。

私立大のみを受験するは、共通テストの受験は不要

です。

共通テスト利用入試とか、共通テスト併用入試とかありますよね。

これがあるから迷うのですが、共通テスト利用とか併用入試で合格する実力があれば、一般入試で簡単に合格できます。

これらの試験は、あくまで

国公立大の受験生が、私大向け対策をせずに併願する場合のみ使う。

ものです。共通テスト利用で合格したら「入学金を先に納めなくてもいい」などの特典もあります。国公立の合格発表まで納入を待ってくれるんですよね。

これはお得です。だから、余裕で合格できる生徒が念のため出願しておこうというぐらいのものです。

私立大専願の場合は、受験は不要です。

 

ところが、学校から共通テストを必ず受験するように言われる場合があります。

理由①

指定校推薦などで先に入学を決めた生徒が勉強しなくなる。

⇒大学に入ってから成績が低い

⇒指定校枠を減らさせる。

⇒それは困るので勉強させたい。

⇒だからテスト課して、せめて1月まで勉強させたい。

 

理由②

万が一、受験した大学で全滅した場合、共通テストを受けていれば、かなり低い大学になるが、合格させられる。

そういう安心材料。

 

こんなところです。

①の場合は学校の指示にしたがって、素直に受験しましょう。自分のためです。

指定校推薦が10月に決まって、入学まで半年も頭を使わないと本当にバカになってしまいます。頭は使い続けないとすぐに劣化しますよ。

 

②の場合は、理屈上は安心材料ですが、たいていは、本人が「共通テスト利用で合格できる大学には行きたくない」と言い出します。

自分の思っている実力より低いからです。

とにかく浪人したくない、どこの大学でもいいと思うなら、最後の最後に後期試験もありますので、一般入試前に共通テスト受験する必要はないでしょう。

安心など買わない方が自分のためです。

 

ご参考にしてください。推薦入試でも「共通テストを受験すること」などの条件付も、出てきますので、必ず志望校の入試要項を確認してください。

アーカイブ