塾講師の平均勤続期間 24か月

 

塾の講師のアルバイトの平均勤続月数は6か月~8か月と言われています。(ある塾の調査)

大学生のバイトなので入れ替わりが激しいというのが一般的です。

 

ところが、江坂垂水教室の平均勤続は23.8か月(約2年)です。

3回生、4回生からの採用もありますので2年ですが、一旦入ると概ね大学を卒業するまで継続してくれるの学生が多いです。(社会人講師もいますので、その方は平均から外しています)

 

理由を(アンケートなどから)推測すると

 

第1の理由は「楽しいから」

生徒への指導が楽しい。講師どおしの付き合いも楽しい。

聞くところによると講師が「教室に入って帰るまで、全く会話しない」という塾があるそうです。

それでは楽しくないですよね。

授業も一切私語禁止という塾もあります。まるで講師は「音のでる参考書扱い」ですね。

 

第2の理由は「ブラックでないから」

講師研修も、指導報告の作成もすべて給料がでます。

もし、生徒が来なくて授業がなくなっても給料がでます。

他の塾では、「研修や体験授業では給料がない」「事務仕事に給料がでない」

ということがあるようですね。

 

第3の理由は「休めるから」

もちろん、ドタキャンや連絡なしの欠席は即解雇です。(連絡したら休めるんですから連絡なし欠席などは実際にありえないです)

しかし、事前連絡があれば、代わりの講師手配は塾の方でやります。

塾バイトで多いのは、「代わりの講師を自分で探さないと休めない」というもの。

それでは休めなくなります。「お互いけん制させて休みにくくする」というのが狙いです。

 

休みの時は早めに連絡、相談。これさえ徹底してくれていたら問題ありません。

だから

・看護学科

・建築学科

・薬学科

の学生でも長く続けることができます。さらに

・留学もOK

 

塾講師を考えている皆さん、

採用は人物本位になります。

指導ノウハウは塾にありますので指示通りしてもらえればOKです。

 

ご応募お待ちしております。