公立高校入試に向けて

 

何度か書いていますが、繰り返します。

本日私立高校の入試が終わりいよいよ公立高校入試対策本番に入ります。

 

①過去問を解いてきてください。ちゃんと時間内にですよ。

そして

点数だけではなく、必ず答案をもって来てください。

 

②年度別、学校別の目標点数を教室に掲示しています。

それと見比べて、可能性を判断してもらいます。

しかし、その点数だけで判断してはいけませんよ。

 

まだ1か月あります。まだまだ伸びます。

 

昨年も2月末ごろまで合格最低点に届かなかった生徒も合格を手にしています。

 

今から何をするかです。

 

答案をもって来てもらえれば、合格最低点まで何をすべきかがわかります。

 

③先生が対策を練りますので、指示通り勉強してください。

ついてきてもらったら合格です。

 

対策は人によって変わります。

・ケアレスミスで出来ていない場合

・問題文を読めていない場合

・勘違いなどが多いところ

・もう一歩まで来ているところ

それぞれ何をすべきかを見つけてそこを強化していきます。

 

高校入試に限らず、合格する生徒と不合格になる生徒の学力は同じです。

基本的な学力は変わりません。

 

ほんのちょっとしたことで差が出てしまいます。

 

やってはいけないことは、

④英語は得点があがったから、英語の勉強はやめて理社に集中する。

ということ、英語も数学もどの科目もそうですが、1日休むと学力が下がります。

今からはどの科目も休んではいけません。毎日してください。

休むと落ちます。

 

そして、最後に合否を分けるのは

⑤ほんの少し精度をあげる。慎重にすべきところを慎重に解く。

最後まで緊張感をもってあきらめない。

 

この差が出てきます。

もうひと踏ん張りがんばりましょう。

 

 

⓺私立専願の生徒は、来週から高校の予習に入ります。

公立組に負けないように高校をスタートさせましょうね。