脱欠点、高校生の定期テスト対策(指定校推薦狙い、就職希望の高校生へ)

高校生の定期テスト対策

指定校推薦入試

就職する

生徒さんにとって、高校の内申点(評定)を上げておくことは最優先になります。

 

特に就職の方

数学の評定がよければ、

「この生徒は学校の勉強をしっかりしている」

就職先からも評価を受けます。

 

そうですよね。

数学って

一番苦手で、勉強したくない科目の第1位(出典:私の感覚)

ですから、それをがんばった生徒の評価が高いのは納得です。

苦手なことにもまじめに取り組む

困難なことからも逃げない優秀な社員になるだろう

と、高く評価されます。

 

就職の方にとっても、評定が重要なのは、大学受験と同じです。

 

ところで、

本来は、
英語、数学は積み上げなので、このブログでも散々

継続した勉強が大事

と言ってます。

しかし、

こと

高校の定期テスト

に関して言うと結構、

何とかなります。

 

高校の定期テストは、進学受験校でない限り、基本問題しか出しません。

しかも、学校配布のプリントがあれば、

ここから出します。

と教えてくれているようなもの。

1か月の勉強で、2016年2学期

数Ⅱ 2点⇒97点の快挙

がありました。

「どうして2点取れたのか?」

と言う生徒が

「1つ間違って悔しい。」

に変わったのです。

テスト中に先生から

「今回はがんばったんだな」

と言われたそうです。

ここまでは極端にしても、欠点回避は可能。

 

3学期に欠点とれば、

補習、再テスト、レポート提出

が山のようにやってきます。

その時間を先に使いましょう。

 

就職にも、指定校対策にも、欠点回避にも

3学期の定期テスト対策を今から始めましょう。

 

学習塾は大学受験のためだけのものではありません。

本来の高校の勉強をするところでもあります。