優秀な講師とはどんな講師(個別指導編)

優秀な講師とはどんな講師(個別指導編、1対2の京進の場合)

 

今回は、個別指導講師についてです。

別のブログ(個別ってどれだけ個別?)でご紹介しました通り、

個別指導って実は内容がバラバラ。

何をもって優秀なのかは、塾の方針によるところが大きいので何とも言えません。

★とにかく生徒と楽しく話をするホスト、ホステスのような講師

★生徒と全く無駄な会話なく、黙々と演習させる厳しい講師

★時間通りに来てくれる講師

★たくさん来てくれる講師

というような講師が優秀という塾もあります。

 

そこで、今回は

京進での優秀な講師をご紹介したい

と思います。

①笑顔で生徒と会話できる講師

親に言えない話を相談できるお兄さん、お姉さん

②生徒の表情を読み取ることができる講師

わかっているか、わかっていないか、表情から判断します。

⓷年間のスケジュールを常に頭に描いている講師

1回1回の授業よりも、生徒別に1年を通しての復習計画、演習のタイミング、進度の決め方

これこそが成績を上げるために必要なことです。

④生徒への解説方法を予習する講師

先生も必ず授業の予習します。

担任制ですので、生徒がわからないところが事前に想定できます。

そこで、予め指導手順を予習し、指導方法を個別に変えます。

 

こういう講師が優秀な講師です。

面白いことに

講師自身の成績や大学は無関係なんです。

こういう講師は

70~80%の生徒の成績を上げることができます。

残念ながら100%は実現していません。

 

繰り返しになりますが

生徒別の年間計画、その生徒の理解度を表情から読み取る、生徒も相談しやすい

これら全ての条件をそろえると

成績を上げることができます。

 

そんな優秀な講師がこんな小さな塾にいるはずない。

そんな優秀なら集合塾の講師をしてみろよ。

と言われるかもしれませんね。

 

よし受けて立とう。

と言いたいですが、

集合の講師より個別指導の講師が優秀なのでしょうか?

残念ですが、そうではありません。

 

できる先生もいるかもしれませんが

集合塾の講師になると1/3どころか、

1/4、1/5の生徒の成績を上げるのが限界でしょう。

 

成績をあげられるのは、仕組みの違いです。

さらに仕組みだけだとどこでもできそうですが

それを活用する指導方針の違いです。

 

京進に通っている友達がいたら聞いてみてください。

今(2018年2月~4月)なら紹介キャンペーンもやってます。