夏期講習の受講例~高校生版

 

高校生の夏期講習の受講例をご紹介します。

 

2週間物理だけ毎日受講・・・生徒が苦手と思っている物理を2週間 10コマで一気に勉強します。

・教科書を読んでくる(生徒の予習)

・入門問題を解く(生徒の予習)

・入門、標準の問題を授業解く(授業)

・宿題で再度演習(生徒の復習)

これを毎日2週間繰り返します。1冊のテキストを完全にやり切ります。

 

授業では公式を使えるようにするということより、どういう現象が起こっているのかを理解することを中心にします。

公式を当てはめてとにかく解くということでは、すぐに忘れますし、応用もききません。

この集中特訓で

苦手だった物理が得意に変わっていきます。

 

英語も数学もひと月あれば、年間教材をやりきることができます。

夏期講習は

短期集中特訓で不得意科目を得意科目に変えていく、という受講もお勧めです。