学習習慣を中学までに身につけよう。身につけてないと高校生になって自学自習塾に入ると月7万円以上するよ

 

勉強は「できる」か「できない」か、ということではなく、

決めたことを「やる」か「やらないか」

だけで決まります。

 

毎日コツコツとやって成績があがらない生徒はいません。全員あがります。

ただ、変なやり方をしたら効果はないので、そこは正しいやり方をしていることが必要ですけどね。

 

うさぎ跳びをするようなことを勉強では平気でしていますから注意が必要です。

 

当塾ではリーチング手法を取り入れ、目標に向かって自発的に勉強する習慣作りをしています。

 

簡単なことなのですが、強制されずにできる精神力がある人はほとんどいません。

週2回塾でチェックを受けて初めて継続できるようになります。

 

この習慣がつけば強力です。

 

もう怖いものなし、高校に進学したあとも、勉強量の多さに驚くことはなく、計画的に進めることができるようになります。

 

 

ただ、これまで皆さんは

計画を作っては、失敗する。という経験を何度もしているので、

 

こんなことをしても無駄だ。

 

と感じるかもしれません。

こういうのは少しのことで継続できるようになるものですよ。

 

その一つは誰かに見てもらうこと

 

先生にみてもらうと

ひとりでやってた時と違い。継続できるようになるものです。

 

なんでもそうですが、1,2度の失敗で「こんなの無駄」「やっても意味がない」「どうせできない」

と思い込むとそこで終わり。

 

暗記が1,2度でできないのと同じで、何度も失敗してはチャレンジすることで成長していきます。

 

これができるようになれば、高校生になって自習管理してもらためだけに7万円以上の高額な費用を払う必要がなくなります。

 

中学生のうちに、何度も失敗しながら学んでいきましょう。