友達は勉強していないのに、なぜ成績がいいのでしょう。(中2の場合)

継続して勉強し、復習を繰り返し行うことが、成績をあげる最短の方法である。

と何度がご紹介していますが、

こういう質問をよく受けます。

「クラスのA君は大して勉強していないのに成績がいい」

「私は一生懸命勉強しているのに、成績があがらない。もともと頭が悪いからでしょうか?」

「A君も自分は大して勉強していないと言ってます。」

 

皆さんが中学2年生だとします。小学校1年生から、毎日たった15分勉強を続けてきた友達と

やらなかった自分でどれぐらい差が出ていると思いますか? たった15分、全然関係ない。

と思いますよね。勉強ができるA君もそんな勉強した記憶がないと思います。たった15分ですから。

A君が「そんなに勉強していない」と思っているのも本当のことです。

 

このグラフを見てください。

15分勉強した生徒を青色

5分勉強した生徒を赤色

縦軸は時間です。

15分を積み重ねると中2の終わりで 730時間

5分を積み重ねると中2の終わりで 250時間

これだけの勉強量の差がつきます。

730時間を追いつこうとすると 毎日5時間勉強して 146日 なんと半年。

 

勉強ができるA君が今から何も勉強しないで休んでいてくれたら、半年で追いつけます。

なんだそんなものか。でもA君は休みませんよね。そりゃそうです。A君も今から受験で勉強を始めます。

毎日15分でこれだけの差が出ています。高学年ぐらいからは、毎日30分の差かもしれませんよ。

だから、時間差はもっとあるかもしれません。

 

さらに、人間の能力は勉強時間に比例して上がるのではなく、勉強時間以上に上がっていきます。

勉強すればするほど賢くなるからです。(脳科学ではメタ学習効果というそうです)

直感的にも「小1の15分」と「中2の15分」では、勉強の質が違うってわかりますよね。

こんな感じです。

 

安心して下さい。頭が悪いのではなく、勉強時間で圧倒的に負けているだけです。

それならすることは簡単。今自分よりできると思っている友達より15分でもいいので、少し多めに勉強することです。

すぐに追いつくことは無理ですが、何年か後にはおいついて、あなたは友達から「どうして勉強していないのにできるの?」

と聞かれる立場になります。気持ちいいですね。

 

高校受験までで、少し追いつき、大学受験までに追い越しましょう。

あと4年もあります。

皆さんの大学受験は東京オリンピックよりあとですよ。そこにピークがくるように、じっくり仕上げましょう。

 

中学生中学生, 脳科学, 自習