お母さんのイライラ解消します。こんな、やる気のない子、何とかなるの?

なんだその態度は

この態度、腹が立ちますよね。

もう毎日毎日イライラします。

 

お母さんが、「やいやい」言っても一向にやる気にならないお子様

イライラしますよね。

黙っていようと思っても言ってしまう

あまりにも何もしない

本人のためなのに、まるでわかってない。

言えば言うほど反抗する

もうお手上げ

 

やる気が出ない原因はいくつかあります。

 

①親に反発したいために何もしない。

②本当にわからないから何をやっていいかわからない。

③勉強を楽しいと思えないし、将来役に立つと思えないから。

どれかひとつが原因ではなく、全部という場合が多いです。

こんなお子様を連れて来てください。

 

①親に反発したいために何もしない

この年齢で、

親に反抗しない

というのも問題です。反抗して成長していきます。

親が物分かり良すぎてもダメだそうです。成長には親子の衝突が必要とか。

この理由なら、ここに来てくれたら解決です。

親とは無関係になります。

年齢の近いやさしい先生と親より年上の私(反発してもしかたがない)なら大丈夫です。

 

②本当にわからないから何をやっていいかわからない

これこそ、当塾の出番です。

中学1年生で

九九が出来ていないのは50%以上

国語の主語と述語を正しく使える生徒も半分以下

これが現実です。

小学生からさかのぼる必要がありますが、小学生のドリルをやってもダメです。

プライドもありますので、そんなことしたら反発します。

さらに

新しく習うこともどんどん増えるので時間もありません。

いつ、何をさかのぼるか、それによって成績が大きく変わります。

それができるのが京進です。

 

さらに

少しづつわかってくると本人が勉強が楽しくなってきます。

お母さんは

半年から1年じっくり待ってください。

待つだけでいいです。

成績が悪いと叱ってはいけません。

勉強しなさいと言ってはいけません。

「叱ったり、言ってはいけないんです」

とても、幸せ

ではないでしょうか。

心が安らかになりますね。

 

③勉強を楽しいと思えないし、将来役に立つと思えないから。

ここは、若い先生の出番です。

若い先生はそれぞれ夢をもって大学に通っています。

まさに、勉強したことを役に立てようとしている人たちです。

それぞれ目指す方向が違います。

どの先生の言葉が響くかはわかりませんが、たくさんの先生の話を聞くとことで

自分の目標を見つけられると思います。