国公立大合格発表ですね。大阪高校入試も出願倍率が出ています。

今週は国公立大の合格発表が続きます。

当塾生は関関同立、産近甲龍志望が多いので、どちらかというと

今週末からの私立の後期日程、C日程入試の結果が気になるところです。

 

国公立の方は、まだ見ていなかったのでセンター試験概況分析(河合塾)のデータを見ていました。

面白いことに平均点は変わらないのに

上位層の人数が減って

平均点近くの人数が増えています。

データは勝手に転載できませんので「河合塾 大学入試センター試験概況分析」で検索してご覧ください。

このデータは2月2日発表だったので、皆さんの出願後です。

 

もしかしたら、チャレンジ受験した人が合格しているかもしれません。

センターで少し得点を取りこぼしたけど、自信をもって2次に出願した人にチャンスがあったかも。

 

さて、話は変わり、今日は

大阪府の公立高校出願も中間発表がありました。

この近辺では例年になく

山田が低倍率、池田、桜塚が高倍率

となっています。

どういう層が動いたかがわかりませんので、難易度に影響出るかは不明です。

どちらの高校もC問題(発展)をB問題(標準)に変えたためでしょう。

問題が少し易しくなったため受験しやすいと感じ、人気が出たようです。

ある程度は予想できた範囲かもしれません。

 

ところで、

当塾では倍率をみた進路指導はしていません。

いきたい学校を決めて、そこに向けて勉強を続けることを推奨しています。

平均点動向や倍率動向は知ったところで、自分自身では、何もすることができません。

他人の動向に左右されず、自分の目標を目指していきましょう。

年度によって、難しかったり、少し入りやすくなったりありますが、それを超える実力をつけていくしかありません。