復習は忘れる前に

中学生, 定着, 復習, 高校受験, 高校生

当塾の夏期講習は、「復習」中心です。

生徒ひとりひとり違いますから、もちろん復習が早く終わって予習になる生徒もいます。

 

復習していると気づいてもらえると思いますが、

「うっかりミス、ど忘れ」がちょくちょくありますよね。

ついこの間、期末テストが終わったところで、その時はできていた問題です。

 

もちろん、今もできます。

「うっかりしていた」だけですから、ちゃんと覚えてます。

でも、間違えた。

 

覚えているけど、

「すぐに思い出せなかった」だけですから、ちゃんと覚えてます。

でも、ちょっと考えた。

 

うっかりしないで解く、すぐに思い出せるようにする。

こういうのを復習するというんですね。

覚えている間に、できる間に、復習することで定着します。

 

「ここはできるから、次の新しいことをやりたい」という意欲はよくわかります。新しいことを勉強したいですよね。とてもいいこです。

しかし、ほっておくと忘れてしまいます。

忘れる前に復習

これをすることで忘れない記憶、定着することになります。

 

「ここはできるから塾でしなくていい」

ということではなく、

「できる間に塾で定着させておきましょう。」

ひとりではなかなかできないことです。

 

特に受験生は、塾でしたことをもう一度自習で解いてください。さらに定着が深まります。

できる問題なのですから、できますよね。

できない問題で悩むのが勉強ではありませんよ。

できている問題を定着させていく、このめんどくさいことが勉強なんですよ。

 

アーカイブ