小論文対策

塾を探している皆様へ

AO入試、指定校推薦入試、特別入試、公募推薦入試など10月からいよいよ受験が始まります。

その中で今回は皆さんが苦手な小論文について。

 

小論文は国語の授業の中でする場合と、アドバイス、添削だけなら授業外で指導しています。

 

受験の場合の小論文は、大学からテーマが与えられています。

まず、そのテーマをよく読んで考えることから始めましょう。

 

多くの生徒はいきなり書き始めます。とにかく、ある程度文字を埋めないと不安になるからですね。

字数があれば少し安心するようです。

 

ところが、たいてい、テーマとかけ離れた論文になっていることが多いです。

「〇〇について論じなさい。」

なのに違うことを書いています。

 

小論文って何か書いてあればいいのではなく、さらにいうと、出題者は、ありきたりの無難な論評を書いて欲しいのでもありません。

出題者は、学生が

そのテーマに関していかに多面的に、深く考えたかどうか。

ということを知りたいのです。あたりさわりのない、きれいな文章を読みたいわけではありません。

 

ですから、まずは、

よく考えること

です。

苦手ですよね。

 

よく考えるって何を?どう考えるの?

一緒にやってみましょう。「考える」ってどういうことかがわかります。

 

タイトルとURLをコピーしました