レベルの高い映像授業は役に立ちましたか?

当面、ゆっくりと授業が進むようですが、とくにかく学校が始まります。

 

ところで、このコロナ休暇中に各塾、各団体から様々な勉強用のツールが無償提供されましたが、活用できましたでしょうか。

当塾も無償の映像授業を各学年で2種類。しかも全学年視聴できるようにしましたので、その気になれば一気に勉強することができました。

さて、結果はどうでしょう。

 

残念ながら芳しくないようです。

映像授業はとてもわかりやすく素晴らしい先生(各塾のトップクラスの先生)が授業をしています。

高校用などになると日本でトップクラスの先生です。

通常はそれなりのお金を払わないと見られないのですが、今回は、ほとんどの塾でそれが無償公開されました。

こんなチャンスはないですよね。

 

ほぼ全員が同じ条件で同じレベルの先生から指導を受けられました。

今年の学年の成績は例年より高くなるはずです。

 

おやおや、違うようですね。どうして?

クラブ活動もないので、時間はたっぷりあります。しかも、先生は超一流。

 

成績が上がる以外考えられないですよね。

 

どうしてなんでしょう?

 

理由① 決まった時間に勉強しない。・・・映像ですからいつでも受講できます。だから、いつも後回し。

理由② レベルが合っていない。極端な例で考えるとよくわかります。小6生が、高3現代文の授業を聞いてもわかりません。高3物理などもっとわかりません。

自分のレベルの授業を視聴しないと意味がないんですね。

普段も同じです。高校の基礎ができていない段階で、ハイレベル英語など受講しても役に立ちません。

理由③ 聞きっぱなしで演習なし。・・・聞いたらわかります。わかりやすい。しかし、自分で演習しないと自分でできません。

プロスポーツ観戦して、何となく華麗なプレーができそうに思えて楽しく観戦する。凡ミスに対して「おい、しっかりしろよ」

とは言えますが、自分ではできません。

それと同じで優秀な先生が華麗に解きますが、鑑賞するだけではできるようになりませんよね。

 

この2か月、無料お試しでこういう授業を体験できてよかったのではないでしょうか。

レベルの高い映像授業を受講すれば自分もできるようになる。という錯覚が体験できたはずです。

普段ならお金払って、入試直前になって気づくようなことが、今年はこの2か月で体験できました。

 

 

6月からは地に足をつけて地道に勉強しましょう。それが一番の近道です。

 

こんなこと書いておいて最後に言うのもなんですが、京進にもレベルの高い映像授業がたくさんあります。

ちゃんとレベルを合わすと役に立つのも事実ですよ。

 

 

 

 

 

 

アーカイブ