データがない

中学生, 小学生, 高校生

新型コロナ対策、北海道と大阪で増えていますが、どうしてでしょうね。

北海道は、寒いから。というのが一番考えやすそうですが、go to キャンペーンも制限しようということになっています。

制限したら効果はあるのか?飲食店や宿泊施設の収入を奪うだけの効果があるのか?よくわからないまま議論されています。

データがないので、いいも悪いもなく、感情と恐怖心だけで行動しています。

 

冷静に考えるしかないんですけどね

大阪はどうしてなのでしょうね。人口が多いから?検査体制が整った?都構想の選挙があったから?

これも何にもわかりません。

 

何にもデータがないので、考えてもわかりません。考えてわからないのですから、考えてもどうしようもありません。

 

勉強のやり方も、こういう罠に陥っている生徒をよく見かけます。

まず、

①定義を覚えていない

②文法を覚えていない

③用語を覚えていない

その状態で問題に取り組みます。そうすると絶対に解けません。

もともとの基礎データが頭に入ってないのですから、考えても仕方がありません。基礎データがないと考えることができないんです。

 

ということで、まずは、基礎的な用語を覚えてもらいます。

定義を覚えてもらいます。定義とは、この長さを1mにしますね。ということです。

12個を1ダースといいます。ということです。

 

基礎データなしに、机の前で1時間考えていても答えはでません。その時間でまずは、用語を覚えましょう。

そんなの当たり前とい思うでしょうが、基礎データなしで考えている場合が多いですよ。

 

高校になるとモルがわかりません。というのが、その典型です。

サイン、コサインがわかりません。これもそうですよね。

 

ここに書いたことも一つの勉強のやり方です。ご参考に。

アーカイブ