小6生は中学の先取りをしませんか

小学生のことは小学生の間に理解する。

これってとても大事ですが、勉強が少し遅れている生徒には苦痛です。

「だって、わからないもん」「わからないものを何回もするのは嫌」

 

こんな感じで勉強を渋っているお子様はいませんか?

たくさんいますよ。

 

わからないものをするのは嫌。当然ですよね。勉強って、いやいやさせても効果なし。

 

じゃどうする?

 

通分はさておき、文章題はさておき、取り合えず、正負の数(中1の最初)をやってみましょう。

できますよ。先取りで中1の中間テストはいい点が取れます。

中1の1学期に少しゆとりが出ます。その間に、小学校の復習を混ぜていきます。

 

できるようになれば楽しいものです。中学進学はいいきっかけになります。

早めに中学の予習に取り組みましょうね。

お待ちしています。

 

アーカイブ