中2生はまだ決めなくて大丈夫です。

中学生

志望校はまだ決める必要はありません。ただ、文理学科を目指す場合は、この時点で決めてください。授業の進度を変えます。早めに中3を終わらせて、その後演習をたくさんしていきます。

そうは言っても、文理学科受験は、もうほとんど馬淵教室の独壇場です。文理学科と言っても入試レベルはわかっていますので、うちでも大丈夫なんですけど、馬淵の営業、広告戦略に完敗状態です。(授業内容ではないですよ。そこを間違えないようにお願いします。あくまで営業、広告戦略です)

 

それはさておき、文理学科以外の場合、まだこの時点で決めていなくて問題ありません。

公立高校は、そんなに学校間で校風に差はありません。多少ありますけど。中学生の場合は、成績がどこまで上がるか見て決めてOKです。

先日高校生は、それではだめと言いましたが、それは勉強内容が変わるからです。高校入試の試験範囲は全員同じです。国数英のA,B,C問題も範囲は同じで難易度の差があるだけ。

ところが、大学入試は勉強する範囲そのものが違います。難易度も当然違います。

 

中学生の場合はすべきことは同じですから、まずは、すべきことをコツコツと仕上げることです。

 

さて、私立高校は、高校でかなり校風に差が出てきます。校則が厳しいところ、生徒数の規模も違うので学校行事の雰囲気も変わってきます。

系列大学があるかどうかで、その後の大学入試戦略も変わってきます。かなり重要ですので、1学期の間にいくつか見学に行ってください。公立志望だからと言って私立高校を適当に選らんでいてはだめです。もしもの場合は進学するのですから、真剣に選びましょう。

 

気になる高校があればご遠慮なくお話ください。各学校の方針などご案内したいと思います。

これまで、何年もかけて、ここから通える高校のほとんどを見てきていますし、先生からお話も伺っています。

他府県の学校も志望する生徒がいる場合は、電話になりますが、その高校の先生に連絡を取って確認しています。今まで、京都、兵庫、奈良は当然ですし、東京、千葉、徳島などがありました。

フットワークは軽いですのでお任せください。

 

 

 

 

 

 

 

 

アーカイブ
カテゴリー
中学生
シェアする
京進の個別指導 スクール・ワン 江坂垂水教室
タイトルとURLをコピーしました