高2はそろそろ本気モードに入りましょう

高校受験での成功体験を覚えていますか?

夏休み前から頑張って、ぐんーと成績を上げた、あの体験です。

 

この塾の生徒は、夏前から始めると、1月頃に「きたー」と自分でわかります。急にできるようになるんですよね。

そして一気に入試に突入したことが思い出されますね。あの時は頑張った。

 

同じ経験がしたいなら、大学入試は

高2の今がそのスタートの時です。

 

今から始めるとたいてい志望校に入れます。(無茶な志望を言わない限り)

ほとんどの高校生の実力は拮抗しています。同じ学校の中で賢いと思っている友達も、実は50歩100歩。

そもそも高校入試を経て入ってきているので、似たような学力なのは当然ですよね。

さらに、関関同立産近甲龍にそれなりの数が入っている学校でも、実際の合格率は50%以下、20~30%程度です。それなりの数の合格者の陰に、多くの不合格者が存在します。

あなたの学校にも、合格者より不合格の人の方が多い(受験さえあきらめた人も多いです)のですよ。その事実をはっきりと認識しましょう。

 

それでは合否を分けるのは、何でしょう?

いつ始めるか。

最後まで続けるか。

この2つです。何てことはないですよね。これだけです。

 

何をどうやるかも大事ですよ。正しく勉強しないと効果はなく、がんばったのに虚しく撃沈。ということはあります。

ただ、ここに来てもらえれば、間違った方法で勉強することはないので、あとは、

早く始めて、最後まであきらめない。

これしかありません。できるだけ早く来てください。