勉強のやり方がわからない

中学生, 自習, 高校生

勉強のやり方がわからない。どうやって勉強していいかわからない。

80%前後のお子様がこのような状態です。

 

何か特別なやり方があると考えている場合もありますし、本当に何から手を付けていいかわからない状態になっている場合もあります。

本当にわからないのだと思います。

 

勉強のやり方って何でしょう。

①どの教材を使って、何時間ぐらいやって、音読するのか、黙読するのか、紙に書くのか、などの方法でしょうか?

②静かなところで勉強するのか、音楽を聴きながら勉強するのか、リビングで家族のいるとこで勉強するのかなどの場所の問題でしょうか?

はたまた

③朝勉強するのか、学校の休憩時間にするのか、通学時間を利用するのか、夕食後か寝る前かなどの時間でしょうか?

④友達とするのがいいのか、ひとりでするのがいいのかという環境でしょうか?

 

これらを組み合わせるといろいろなパターンがあって、いったいどういう風に勉強していいかわからない。

ごちゃごちゃになっている感じですよね。

 

さらにいろんな人から、これがいいよ。と勧められます。そうなったら、全部の方法について、必ず誰かが「いい方法です」と言ってますよね。

ますます、わからなくなります。

 

さて、どうしましょう。

 

実はそんなに難しくないです。単純な原則を守れば意識せずに自分なりのやり方が身に付きます。

単純なことなのですが、それを守らないので混乱してしまうのですね。

 

どうしたらいいか、お気軽にご相談に来てください。

 

アーカイブ