中3生へ、私学は自分で決めて学校の三者面談に行きましょう。

11月から12月にかけて、私立高校受験に向けた進路面談が学校で実施されます。

学校の先生から「○○高校はどうですか?」と言われることを期待されている方も多いですが

①自分の意志で、志望校を先生に伝えるようにしましょう。

学校の先生は特定の私立を推奨することはありません。

学校の先生が言うとしたら、この地域から多くの生徒が今まで進学しました。という事例でしかありません。

具体的には、共学なら、大阪高校、大阪学院高校、箕面自由学園高校。

女子高なら、大阪成蹊女子、大阪薫英女学院、梅花女子。

成績がよければ、関西大倉高校、追手門学院高校。

などです。

江坂は、交通の便がよく、大阪府下の70校近くが通学圏です。

最近の私立は、生徒獲得に向けてとてもユニークな活動やコースを設けています。

少人数での進学指導、看護系、情報系への進学指導、公務員を目指す、美術芸術を目指すなどです。

進路を決めるにあたり、みんなが行っているからではなく、自分(お子様)にとってどこがいいのかしっかり考えましょう。

学校情報が必要な場合、塾にご相談ください。近隣校の情報をご提供します。