新中3生への自主学習指導を開始します。

 

豊津西中は定期テストも終わり、新中3生はいよいよ高校受験に向けてスタートします。

豊津中生は、3月から開始です。

 

①1年間で勉強すべき全体像を自分で見てもらいます。

②夏休み前までに何をすべきかを大まかにイメージしてもらいます。

⓷それを踏まえて、毎週どれぐらい勉強したらいいか考えてもらいます。

④そして、最後に毎日何をしたらいいか、自分で決めてもらいます。

⑤リーチング手帳に計画を書き込み、これから毎日チェックしていきましょう。

 

当塾で勉強すると成績が上がるのはもちろんですが、勉強の仕方がよくわかるようになります。

1年間、自分で計画-実行ーチェックー再計画を繰り返し、勉強の仕方の基本をマスターしていきます。

 

リーチング学習により、高校で引き続き学習する習慣が継続できる力が身に付きます。

 

高校から入塾する生徒から「塾のいう通りしていただけなので、高校に入ってどうしていいかわからない」

ということをよく聞きます。

中学の時は、単に、塾から与えられた教材をこなすだけだった。プリントをこなすだけだった。

時間管理も塾任せで、自分で考えずに勉強だけした結果です。

 

高校受験まではそれでいいですが、高校に入ってから自分では何もできなくなります。

 

当塾では高校受験を通じて、勉強の仕方を学びます。

小学校~中学校~高校まで一貫して指導する塾の強みです。

 

3月はきつく感じますが、1年でぐっと成長していきますよ。

“脳科学に基づく学習法”

脳科学の見地から実効性が認められている学習法を14カ条にまとめました。この学習法を実践することで、京進生たちは定期テストなどの結果を大きく伸ばしています。

□「やり始める」から「やる気」になる
□目標を強くイメージすれば行動が変わる
□「望ましい困難」が学力を高める
□スモールステップ法で達成体験を積み重ねる
□まずは得意な科目を伸ばす
□失敗は成功のもと
□就寝前は記憶のゴールデンアワー

□記憶力は食事前に高まる 
□五感を使って暗記する
□脳は入力よりも出力を重要視する
□繰り返しの復習が記憶を定着させる
□コツコツ学習は一夜漬けに勝る
□いろいろな単元を混ぜて学習する
□様々なバリエーションで学習する

池谷裕二教授

 

 

社会人向け、大学生向けにこんなこともやってます。社会人になるとこのような研修は有料なんですよ。