大阪府の私立高校1.5次入試の注意点

1.5次, 私立, 高校受験

私立は1.5次入試も考慮して、1次はチャレンジ受験も勧めています。

 

行きたい学校があれば、学校の実力テストがよくなかったとしても、入試までに頑張れば合格できます。

そして、もしもの時に1.5次入試を受験して、滑り止めにするのも選択肢のひとつです。

しかし、注意点もあります。

 

1.5次入試は、毎年実施されるとは限りません。これを忘れてはいけませんよ。

専願での入学者が増加した場合、実施しない可能性が高くなります。

 

2019年度入試で、例年実施していた梅花女子は1.5次入試を中止しました。

今年度(2020年度)は清風高校も中止の予定です。

 

この周辺でいうと大阪成蹊女子も専願者が増えており、今年は実施しない可能性があります。

 

情報は常に正確に最新のもので判断してくださいね。

実をいうと中学校の先生から、梅花の1.5次を勧められた生徒がいます。中学校の先生にしては、1.5次を勧めるなど、なかなか先進的です。めったにいませんから、素晴らしいことと思います。

ところが、ちょっと中途半端でした。梅花女子高校は、1.5次しない可能性が高いです。(実施するかもしれませんが、実施しない可能性を生徒に伝えることが抜けていました。個人的な見通しだとしないのではないでしょうか?専願者が増えてますからね。)

 

あとで先生から「うっかりしていました。」「いつもするので、今年も同じと思っていました」などと言い訳されてもどうしようもありませんよね。

リスクを恐れずにチャレンジするのは大賛成ですが、リスクはできるだけ正確に把握する努力をしてくださいね。

受験のことでしたら、私にご相談ください。

アーカイブ