高校での成績は入試後~入学までの勉強で決まります

塾を探している皆様へ

高校の授業スピードはとても早いです。特に、英語、数学はあっという間に落ちこぼれていきます。

高校での英語の授業は、ていねいに文法を教えてくれません。簡単な文法書を渡されてやっておけ。というのに近いです。

まず、文法の参考書を自分で買って(学校指定図書の場合もあり)、適切な問題集を自分で買うところから始まります。

数学も数Ⅰ、Aと併行して一気に進みます。特に数学の先生は生徒が落ちこぼれることなど気にもしません。ついてこれる生徒だけがついてきたらいい。という感覚で授業が進みます。

それに対応するには予習しておくしかありません。学校が始まったら予習は間に合いませんので、学校が始まる前までにするのが基本的な勉強方法になります。

最低でも1学期分は春休みに、2学期以降分は夏休みに予習をしましょう。

これは中受験した新中1生にも同じことが言えます。やっていないと確実に中2で落ちこぼれていきます。中高一貫校は、中2から高校の内容に入るために高1生と同じことになります。

ここで楽をしようと思わずに、現実を理解して、乗り越える意思があれば、もうあとは怖くありません。その調整で大学入試まで進みましょう。

最初が肝心です。

 

アーカイブ
カテゴリー
塾を探している皆様へ
シェアする
京進の個別指導 スクール・ワン 江坂垂水教室
タイトルとURLをコピーしました