中高一貫進学校の定期テスト対策

塾を探している皆様へ

簡単に言いますと、テストに出る難問に引きずられないことです。テストに出ないレベルの基礎の問題演習を増やしましょう。

 中高一貫の進学校の場合、テストに入試レベルの難問を出すことがよくあります。今のうちに慣れておきなさい。目標はこのレベルですよ。と示す目的もありますが、どちらかというと生徒間で差をつけるためと、満点を取らさないためにあります。

中高一貫進学校でこのタイミングで本当に身につけておいて欲しい問題だけを出すと多くの生徒が高得点で差がつきませんし、その結果、授業をさぼり始めます。また、満点など取ると同様に授業をさぼり始めます。

しかたがないので、難問を出します。それでも得意の子は高得点を取ってきます。だからと言って、こういう問題を今解く必要はありません。

難問は自分で使える知識を増やして自分でその知識を組み立てられるようになれば、解けるようになります。こういう問題は、何問かに1問解ければ十分です。難しい問題ばかりにチャレンジして、そこに勉強時間を使うより、使える知識を増やすことやそれを確実に自分のものにする練習する方が成績アップに直結します。

実際に、ここでそういう難問を指導していない生徒でも、その生徒が不足していると思われる範囲の基礎練習をしっかり反復させていけば、定期テストで難問が解けるようになっていっています。そういうものです。

そういう意味では、安直な定期テスト対策などはほとんど役に立ちません。実際に実力をつけていく以外に方法はありません。だまされたと思って勉強の方針を変えてみてください。うまくいきますから。

 

アーカイブ
カテゴリー
塾を探している皆様へ
シェアする
京進の個別指導 スクール・ワン 江坂垂水教室
タイトルとURLをコピーしました